簡単にできる歯周病の予防法についてご紹介します

歯周病は、歯ぐきの腫れや出血に始まり、最終的には歯を失うことにつながる恐ろしい病気です。日本人の成人の8割が発症しているといわれ、年齢を追うごとに自覚症状を持つ人の割合が高くなっていきます。誰だって歯周病にかからずに、年をとっても自分の歯でおいしい食事を楽しみたいですよね。そのためには、日頃の歯周病の予防が必要なのです。

歯周病を予防するためには、まずは歯周病とはどのような病気なのかを知っておく必要があります。正しい知識があれば、歯周病は決して怖い病気ではないはず。ここでは、歯周病の原因や症状、簡単にできる歯周病の予防法についてご紹介します。

 家庭用超音波スケーラー

私たちの口の中には、たくさんの細菌がいます。細菌は、口の中の食べかすに含まれる砂糖を栄養源として増え、歯垢というひとつの塊になります。この歯垢を温床として細菌が毒素を出すことで、歯肉や歯槽骨が壊れていきます。これが歯周病の原因です。つまり、歯周病にならないようにする一番のポイントは、細菌を増やさず歯垢をつくらないことです。そのためには、食事が終わるごとにきちんと歯磨きして細菌や歯垢を落とすことが大切です。歯垢は、そのままにしていると歯石という塊になり、歯磨きでは落とせなくなってしまいます。特に、歯と歯肉の間や歯と歯の間など歯ブラシの毛先が届きにくく磨きにくい部分には、どうしても磨き残しができてしまうので、時間をかけて丁寧に磨きましょう。その積み重ねにより、細菌や歯垢を増やさず、歯周病を予防することができるのです。

 

~もし歯周病になってしまったら~

スケーリング

専用器具を使って、奥歯の裏や歯と歯の間などに強固に付着したプラークや歯石を除去します。

 生体情報モニター

ルートプレーニング

スケーリングできれいになった歯の表面を磨いて滑らかにします。ツルツルになるので、歯周病の原因となるプラークや歯石の再付着を防げます。

 

咬み合わせの改善

歯周病は咬み合わせ不良からなることもあります。咬み合わせが悪いということは、歯並びも悪く、歯みがきがしにくいということなのです。咬み合わせの不良は、もともとの咬み合わせ異常だけでなく、治療で入れた補綴物の不具合によっても起こります。そのため、咬み合わせを整えたり、補綴物を修復したりして歯周病の改善を図ります。

 

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」を略したもので、専用器具を用いた歯のクリーニングのことです。日常の歯みがきだけでは取りきれないプラークや歯石を除去して、虫歯や歯周病になりにくい口腔内環境に整えます。

 

PMTCの効果】

虫歯や歯周病の原因となる「バイオフィルム」を除去する

お口の中を清潔に保つことができる

口臭予防効果がある

歯の本来の白さを取り戻せる

日頃から健康を意識することが歯周病対策には効果的です

歯周病はお口の感染症であり、日本では成人のうちおよそ8割が罹患、もしくはその予備軍であるといわれており、「歯を失う原因」の第1位でもあります。歯周病は、プラーク歯垢)内にすみついている歯周病菌が歯茎に炎症を引き起こし、その後、歯を支える顎の骨を溶かし始めて、最終的には歯が抜け落ちてしまう感染症です。重症化するまでほとんど自覚症状がないため、気がついた時には手遅れであるというケースも少なくありません。そのため、日常的なケアを心がけることはもちろん、定期的に検診を受けて早期発見・早期治療が重要です。また、歯周病は免疫力と密接な関わりがあり、免疫力が低下すると発症しがちなため、日頃から健康を意識することが歯周病対策には効果的です。

 http://hanokennkou.shiga-saku.net/

進行段階

歯周病初期(歯肉炎)

歯茎に赤い腫れが見られます。歯周ポケットも少し深くなっています。ブラッシング時や食事の際に出血することがあります。痛みなどの自覚症状はありません。

 

軽度歯周病

炎症が顎の骨まで進行しています。歯周ポケットはさらに深くなり、出血や腫れが気になるようになります。口臭が出始めるのもこのころから。

 歯科 超音波スケーラー

中等度歯周病

炎症が拡大しており、歯槽骨(しそうこつ=歯を支える顎の骨)が溶かされてきています。歯を指や舌で触るとグラグラし始めます。

 

重度歯周病

歯槽骨の大部分が溶かされています。歯はグラグラして今にも抜け落ちそうです。歯茎の膿や強い痛み、口臭もあります。

 

歯周病の検査方法

動揺度検査

顎の骨が歯周病で溶かされると歯を支えきれなくなり、グラグラと動きます。動揺度検査では、歯をピンセットでつまみ、上下左右などの動きを確認します。

 

レントゲン検査

レントゲン撮影をし、歯と顎の骨の状態を確認します。骨の溶け具合や範囲によって進行度を確認することができます。

 パルスオキシメーター

細菌検査

お口の中に潜む細菌の種類と数を調べます。歯周病のタイプがわかることで、さらに的確な診断と治療につながります。

 

ポケット検査

歯と歯茎との間にある溝を「歯周ポケット」といいます。この溝をプローブという器具で測定し、どれくらい深くなっているかで歯周病の進行度を測定します。

より徹底的にお口の中を綺麗にしたいという方にはPMTCがオススメです

予防歯科は、むし歯や歯周病、歯列不正の成り立ちに関する情報をお伝えしながら、正しい歯磨き(ブラッシング)の指導に始まり、シーラント(歯の溝を塞ぐ)、フッ素の塗布・洗口などの虫歯予防を中心とした歯科治療です。むし歯も、歯周病も、風邪やはしかなどと同じく細菌による感染症です。しかし、自然に治るということはありませんが、予防法はある程度確立しています。それは毎日のお掃除と定期的なクリーニング(PMTC)です。

超音波スケーラー

予防のための歯科治療

PMTC

より徹底的にお口の中を綺麗にしたいという方にはPMTCがオススメです!PMTCは虫歯・歯槽膿漏を未然に防ぐ効果的な方法です。『毎日、歯を一生懸命磨いているのに、どうして虫歯や歯槽膿漏になってしまうの?』と思っていませんか?それは、歯の表面についているプラークが完全に除去できないことから起こるのです。24時間以内に歯に付着しているプラークを完全に除去すれば、虫歯や歯槽膿漏になることはありません。ご自分で磨いているつもりでも、磨けていないのが虫歯や歯槽膿漏になる原因です。うまくプラークが取れない方は歯科医院のPMTCを受けてください。歯肉に炎症がある人や歯槽膿漏に方は、特にこの方法が効果的です。

 

クリーニング・歯石除去

歯石は歯周病の原因の歯垢(プラーク)と唾液中に含まれるカルシウムが混ざって出来た物質です。歯垢プラーク)は歯磨きで除去する事が出来ますが、歯石は非常に強固に歯や歯の周りに付着しますので歯磨きでは除去する事が出来ません。歯科医院でスケーラーと呼ばれる専用の器具を使って超音波による歯石の除去を行います。また、クリーニングでは歯ブラシでは落とせないプラークや着色の除去を行います。

 エアーモーター

ブラッシング指導

予防歯科の基本は何といっても毎日のブラッシングです。プラーク(細菌)であるため、正しい歯磨き虫歯や歯周病の原因となるプラーク(細菌)を取り除くことが大切です。正しいブラッシングといっても人によって違うもの。患者様一人一人にあったブラッシングの方法を衛生士が指導し、磨き残しが無い様に磨けるようサポートします。

 

予防歯科で定期的にチェックを受けていると、身体の健康診断を受けている場合と同様に、口腔内の状態の変化にいち早く気づくことができます。つまりは、虫歯や歯周病になりかかっている状況などを早期に発見して進行を防ぎ、大切な歯を長く健康な状態で維持することが可能となります。虫歯や歯周病は、早期治療であれば治療期間自体が短くて済み、費用も抑えられます。また、早期であれば歯を削ったり抜いたりといった治療が不要となるケースも多いため、治療の痛みも軽減され、結果的にさまざまなデメリットの軽減につながります。

歯周病を発症・悪化させないためには、日常的な予防が必要です

歯周病とは、歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じることが少ない(自覚症状がない)と言う事です。

 歯科機器

歯周病の原因

歯周病の原因はプラーク歯垢)に潜む歯周病原菌です。プラークは、歯の表面に集まる目には見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜です。プラークは次第に堅くなって歯石となります。これが感染を招き、次第に歯の周囲にポケット(歯と歯肉の隙間)ができ、歯を支持している組織(歯肉や歯槽骨等)を破壊していきます。

 

歯周病予防に必要なこと

歯周病を発症・悪化させないためには、日常的な予防が必要です。ここで紹介するプラークコントロール歯周病を引き起こす要因の改善を効果的に行うことで、歯周病は確実に予防することができます。

 

丁寧な歯磨き

最も効果的な歯周病の予防法といえるのが毎日の歯磨きです。歯垢を残さないようにしっかりと歯を磨くことで、歯周病のリスクを大幅に下げることができます。自分ではしっかりと磨けているつもりでも、きちんと磨けていない場合があることから、歯科医での歯磨き指導を受けるとよいでしょう。

 スリーウェイシリンジ

歯科医院での定期的な歯石除去およびクリーニング

日頃の歯磨きが重要とはいえ、歯ブラシによる通常の歯磨きでは完全とはいえません。また、歯垢は時間が経つと歯磨きでは落とすことができない歯石に変化してしまうことから、歯科医院での定期的に歯石除去やPMTCと呼ばれるクリーニングが必要です。

 

生活習慣の見直し

歯周病の予防には、禁煙が効果的です。禁煙をすると、3~5日で歯肉の血流の改善が見られるようになります。さらに、栄養のバランスのとれた食事を心がける「食生活の見直し」やリラックスした生活を送る「ストレスの解消」なども、歯周病予防には効果的です。

 

歯周病の要因となる疾患の治療

口内環境以外の歯周病の要因を取り除くことで歯周病を予防します。歯肉の炎症を引き起こす「糖尿病」のほか、唾液量の分泌の低下による、口内の乾燥が原因となって歯周病を引き起こす「ドライマウス」などの症状が見られる場合は、早期の治療をおすすめします。

歯を支持している組織(歯肉や歯槽骨等)を破壊していきます

歯周病とは、歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じることが少ない(自覚症状がない)と言う事です。

 ハンドピース

歯周病の原因

歯周病の原因はプラーク歯垢)に潜む歯周病原菌です。プラークは、歯の表面に集まる目には見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜です。プラークは次第に堅くなって歯石となります。これが感染を招き、次第に歯の周囲にポケット(歯と歯肉の隙間)ができ、歯を支持している組織(歯肉や歯槽骨等)を破壊していきます。

 

歯周病予防に必要なこと

歯周病を発症・悪化させないためには、日常的な予防が必要です。ここで紹介するプラークコントロール歯周病を引き起こす要因の改善を効果的に行うことで、歯周病は確実に予防することができます。

 

丁寧な歯磨き

最も効果的な歯周病の予防法といえるのが毎日の歯磨きです。歯垢を残さないようにしっかりと歯を磨くことで、歯周病のリスクを大幅に下げることができます。自分ではしっかりと磨けているつもりでも、きちんと磨けていない場合があることから、歯科医での歯磨き指導を受けるとよいでしょう。

 

歯科医院での定期的な歯石除去およびクリーニング

日頃の歯磨きが重要とはいえ、歯ブラシによる通常の歯磨きでは完全とはいえません。また、歯垢は時間が経つと歯磨きでは落とすことができない歯石に変化してしまうことから、歯科医院での定期的に歯石除去やPMTCと呼ばれるクリーニングが必要です。

 超音波スケーラー

生活習慣の見直し

歯周病の予防には、禁煙が効果的です。禁煙をすると、3~5日で歯肉の血流の改善が見られるようになります。さらに、栄養のバランスのとれた食事を心がける「食生活の見直し」やリラックスした生活を送る「ストレスの解消」なども、歯周病予防には効果的です。

http://yoboushika.hamazo.tv/ 

歯周病の要因となる疾患の治療

口内環境以外の歯周病の要因を取り除くことで歯周病を予防します。歯肉の炎症を引き起こす「糖尿病」のほか、唾液量の分泌の低下による、口内の乾燥が原因となって歯周病を引き起こす「ドライマウス」などの症状が見られる場合は、早期の治療をおすすめします。

 

お口の中を清潔に保つことで治療・予防の効果が期待できます

歯茎が腫れる、出血するなどの症状から始まる歯周病は、日本の成人の約8割が罹っているといわれる病気です。放置しておくと歯を支える骨が溶けて歯が抜け落ちてしまうこともあるので、早期に治療をスタートしましょう。細菌による感染症である歯周病は、お口の中を清潔に保つことで治療・予防の効果が期待できます。

 ポータブルレントゲン

こんな症状ありませんか?

歯茎が腫れている、赤くなっている

歯茎から出血する

口臭が気になる

口の中や唾液がネバネバする

歯がムズかゆい

歯肉から膿が出る

食べ物が噛みにくい

 

歯肉炎

歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。

 

軽度歯周炎

顎の骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。

 家庭用超音波スケーラー

中等度歯周炎

顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとぐらつききます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。

 

重度歯周炎

顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のぐらつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

 

歯周病を予防するには

歯周病の原因は細菌による感染です。歯周病の予防はもちろん、治療においても、お口の中の環境をクリーンに保つことが有効となります。毎日のブラッシングを正しく行い、定期的なメンテナンスとして予防歯科を利用するのもおすすめです。

喫煙を続けていると歯周病の治療をしても思わしい結果が得られないことがあります

歯周病は30代以降の成人が歯を失う一番の原因とも言われており、虫歯以上に怖い歯と口腔内の病気です。しかも歯周病は初期の段階(歯肉炎)ではほとんど自覚症状がなく、重度化(歯周炎)して顎の骨(歯槽骨)が溶け歯がぐらぐらしたり膿が出てようやく自覚する・・・というケースが多いです。歯槽骨が溶ける段階まで進んでしまうと進行を止めることはできても顎の骨は元には戻りません。そうならない為にも日々のケアをしっかりと行い、定期的に歯科医院で診断を受けましょう。万一発症したとしても初期の段階なら十分にケアできます。

 歯科治療器具

歯周病の原因は?

歯周病の原因は歯垢プラーク)です。歯垢には歯周病菌が潜んでおり、歯と歯ぐきの間に溜まると毒素を出し、歯ぐきや歯槽骨などの歯周組織に感染し炎症を引き起こします。

この炎症には段階があり、歯ぐきだけが炎症した状態を「歯肉炎」、歯ぐきから歯槽骨にかけて炎症を起こしている状態を「歯周炎」といいます。

 

ご自宅での予防

歯周病の原因となる歯垢の除去には、日々のブラッシングを丁寧に行うことが効果的です。しかし、毎日歯を磨いていても、力を入れてゴシゴシ磨いていては歯茎を痛めてしまう上に、磨き残しを作ってしまうことになります。磨き残しなどで落としきれなかった歯垢は、時間の経過とともに固まって歯石へと変わってしまい、歯ブラシでは落とせなくなってしまいます。そのため、ご自宅でのケアとしては、正しいブラッシング方法で丁寧に時間をかけて磨くことが大切です。当院でブラッシング方法の指導も行っていますので、「歯磨きに自信がない」という方や、「歯周病を予防したい」という方は、お気軽にご相談ください。

 

歯科医院でのケア

ご自身でどんなに頑張って歯を磨いても、磨き残しは少なからずあるものです。この磨き残した歯垢は、時間の経過とともに固まって歯石へと変わります。一度歯石に変わってしまうと、歯ブラシなどでは簡単に落とせなくなってしまい、そのまま放置すると歯周病の大きな原因となります。なので、歯を歯周病から守るためには、定期的に歯科医院で歯石取りや歯のクリーニングなどの治療を受ける必要があります。

 スリーウェイシリンジ

歯周病によくないこととは

喫煙

一般的にたばこを吸っている人は、吸わない人と比べて3倍歯周病にかかりやすく、歯を失う確率も2倍だという報告があります。また、喫煙本数と比例して歯周病が悪化するとも言われています。喫煙していると、歯にヤニなどの汚れが付きやすくなるだけでなく、血液の流れを悪くし、歯茎に栄養や酸素が運ばれにくくなります。このため、喫煙を続けていると歯周病の治療をしても思わしい結果が得られないことがあります。