簡単にできる歯周病の予防法についてご紹介します

歯周病は、歯ぐきの腫れや出血に始まり、最終的には歯を失うことにつながる恐ろしい病気です。日本人の成人の8割が発症しているといわれ、年齢を追うごとに自覚症状を持つ人の割合が高くなっていきます。誰だって歯周病にかからずに、年をとっても自分の歯…

日頃から健康を意識することが歯周病対策には効果的です

歯周病はお口の感染症であり、日本では成人のうちおよそ8割が罹患、もしくはその予備軍であるといわれており、「歯を失う原因」の第1位でもあります。歯周病は、プラーク(歯垢)内にすみついている歯周病菌が歯茎に炎症を引き起こし、その後、歯を支える顎…

より徹底的にお口の中を綺麗にしたいという方にはPMTCがオススメです

予防歯科は、むし歯や歯周病、歯列不正の成り立ちに関する情報をお伝えしながら、正しい歯磨き(ブラッシング)の指導に始まり、シーラント(歯の溝を塞ぐ)、フッ素の塗布・洗口などの虫歯予防を中心とした歯科治療です。むし歯も、歯周病も、風邪やはしか…

歯周病を発症・悪化させないためには、日常的な予防が必要です

歯周病とは、歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じることが少ない(自覚症状がない)と言う事です。 歯科機器 歯周病…

歯を支持している組織(歯肉や歯槽骨等)を破壊していきます

歯周病とは、歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じることが少ない(自覚症状がない)と言う事です。 ハンドピース 歯…

お口の中を清潔に保つことで治療・予防の効果が期待できます

歯茎が腫れる、出血するなどの症状から始まる歯周病は、日本の成人の約8割が罹っているといわれる病気です。放置しておくと歯を支える骨が溶けて歯が抜け落ちてしまうこともあるので、早期に治療をスタートしましょう。細菌による感染症である歯周病は、お口…

喫煙を続けていると歯周病の治療をしても思わしい結果が得られないことがあります

歯周病は30代以降の成人が歯を失う一番の原因とも言われており、虫歯以上に怖い歯と口腔内の病気です。しかも歯周病は初期の段階(歯肉炎)ではほとんど自覚症状がなく、重度化(歯周炎)して顎の骨(歯槽骨)が溶け歯がぐらぐらしたり膿が出てようやく自覚…

歯周病とは、歯を支えている歯槽骨という骨が溶けてしまう病気です

最悪の場合、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気なので、早期発見、早期治療が基本となります。以前は「歯槽膿漏(しそうのうろう)」とも言われていましたが、歯周組織から膿が出る歯槽膿漏も歯周病の一環ととらえられ、現在では歯槽膿漏も歯周病と呼ばれて…

自分の歯を失うことはなく健康な歯を保つことができるはずです

歯周病とは歯と歯ぐきの間から入ったバイ菌が、歯肉に炎症をひき起こし、さらに歯肉の中にある歯槽骨(アゴの骨)を溶かしてしまいます。歯周病は、歯の骨の病気です。歯の周りにある骨が溶けてしまうので、歯がグラグラになってしまいひどくなると、歯がすべ…

歯周病を理解し、早めに処置・定期健診を継続して歯周病を予防しましょう

歯周病は、プラーク(歯垢)のなかに潜む歯周病菌が炎症を起こし、歯周組織(歯肉や顎の骨など)を破壊してしまう病気。日本人の約8割が歯周病患者か、あるいはその予備軍であると言われており、「歯を失う理由」では虫歯を押さえて第1位というデータもあり…

誰でも歯周病のリスクは持っていると認識し、予防を怠らないようにしましょう

歯周病はプラークの中にいる歯周病菌がもとで発症する可能性があります。自覚症状のないまま歯ぐきが炎症を起こしてしまうものであり、やがて顎の骨が溶けはじめ、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうリスクもある怖い病気です。日本人の30代の9割が感染してい…

この時間差が長ければ長いほど歯が溶けて虫歯になってしまうというわけです

虫歯とは、口の中の細菌(ミュータンス菌と呼ばれる)が糖分から歯を溶かす酸を作り、それによって健康な歯が侵蝕されてしまうものです。糖分というと砂糖を思い浮かべがちですが、「糖」は米やパンなど、とても多くの食べ物に含まれている成分です。 歯科材…

歯周病とは、歯と歯を支える組織(歯周組織)におけるさまざまな病態の総称です

歯ぐきの腫れや出血から始まり、放っておくとやがて歯がぐらついて抜けてしまうということもあります。わが国では中高年の8割以上がこの歯周病にかかっています。歯 歯科材料 通販 周病をおこす原因は、歯と歯ぐき(歯肉)の間にたまった歯垢(プラーク)の…

しかも、むし歯や歯周病は、初期の段階では自覚症状がほとんどありません

「自分の歯で一生おいしく食べたい」という方にとって、むし歯や歯周病の予防・メンテナンスは大切です。病気になってから「治療」のために歯科医院へ通うのではなく、病気にならないよう「予防」のために歯科医院へ通うことをお勧めします。 ハンドピース …

歯周病は、歯茎や骨の「歯周組織」が細菌に感染し、破壊されてしまう病気です

歯と歯茎の間にある歯周ポケットにプラーク(歯垢)が溜まり、プラークに含まれる細菌が炎症を引き起こすことが主な原因です。歯周病の怖さは、痛みなどの自覚症状がないため進行に気づかないことです。歯がぐらぐらして噛みにくい状態は、すでに末期症状で…

 日本人が歯を失う原因の第1位は、歯周病といわれています

歯周病(日本人の約80%以上がかかっていると言われている病気です。初期の段階では自覚症状などなく進んでいくので発見が遅くなりやすく、また様々な全身疾患と深いかかわりを持っている恐ろしい病気です。) 歯科材料 通販 日本の成人の約8割が歯周病であ…

近年、厚生労働省の調査によると、「成人の約7割が歯周病に感染している」という報告があります

40才以上では5人中4人は歯周病にかかっていると言われ、もはや歯周病は国民病といえるのかも知れません。歯周病は歯垢が石灰化して歯石に変わると、歯と歯ぐきの間に歯周ポケットと呼ばれる溝ができ、その中に細菌が溜まり始めます。 歯医者 器具 歯ぐきが炎…

予防歯科で一本でも多くの歯を守っていきましょう

一度抜いたり削ったりした歯は、二度ともとの状態には戻りません。だからこそ、できるだけ歯を抜かない・削らない治療、そして健康な歯を守るための予防歯科に力を入れています。 歯科治療器具 予防歯科の重要性 「歯を失う」のは、誰にでも起こる老化現象で…

早目に適切な治療・予防処置を行っていきましょう

かつて歯槽膿漏と呼ばれていた歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位で、成人の約8割が罹患しているともいわれています。プラーク(歯垢)の中に棲みつく歯周病菌を原因とする感染症です。進行すると「歯ぐきの腫れ」「出血」「強い口臭」「膿みが出る」とい…

歯周病は歯周病菌により引き起こされる歯ぐきや顎の骨といった歯周組織の病気です

歯ぐきの腫れや出血、悪臭、歯のぐらつきなどが代表的な症状として挙げられます。治療せずに放置しておくと顎の骨が破壊され、最後には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病だと気付いたら、放っておかずに早めに治療しましょう。 歯科材料 通販 歯と歯茎の間に…

審美治療とは、ただ歯の形を整え、白くする事だけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します

バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔が生まれます。機能的な側面と審美的な側面、どちらも健康的な日常生活を送るうえで大事な要素ですが、保険診療による一般の歯科治療では、むし歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復す…

最終的には歯を抜くことになってしまいます

歯周病は歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。30代以上の約80%は歯周病にかかっていると言われています。以前は歯槽膿漏とも呼ばれていましたが、現在は歯周病と呼ぶほうが一般的になっています。痛みなどの自覚症状がなく、気づいた時には進行し、…

専用の器具を使ってポケットの深さを測り、歯周病の進行度合を判断します

歯周病とは、歯と歯ぐきの間にたまったプラーク(歯垢)に潜 む歯周病菌が、歯ぐきに炎症を引き起こし、顎の骨を溶かしていく病気です。進行すると歯が抜け落ちてしまいます。日本人の成人の約80%が歯周病もしくは予備軍だといわれており、日本人が歯を失う…

歯周病予防・早期発見のために

歯周病とは、歯と歯ぐきの間にたまったプラーク(歯垢)に潜 む歯周病菌が、歯ぐきに炎症を引き起こし、顎の骨を溶かしていく病気です。進行すると歯が抜け落ちてしまいます。日本人の成人の約80%が歯周病もしくは予備軍だといわれており、日本人が歯を失う…

歯周病について詳しく知ることが大切です

歯周病は歯周組織(歯をささえる周りの組織)に起こる病気で、細菌による感染症です。日本人の約40%が歯周病で歯を失っていると言われており、実はとても怖い病気なのです。さらに近年では、歯周病の原因菌と、誤嚥(ごえん)による肺炎や心筋梗塞、糖尿…

審美歯科は一般歯科と異なり、歯の機能の回復と口元の美しさの両立を目指す診療メニューです

セラミック製の白い詰めものや被せものを使った虫歯治療はもちろん、すでにお使いの銀歯を白い歯に取りかえることもできます。白く輝く歯は、笑顔に自信が持てるようになり、明るい気持ちにもつながります。 歯科材料 オールセラミックス 『オールセラミック…

年齢を重ねると虫歯より歯周病の方が怖いのです

歯と歯茎のあいだの溝(歯周病ポケット)によごれ(プラーク)がたまると、歯茎に炎症がおこります。これを歯磨きをせずにそのままにしておくと、さらに炎症がすすみ、歯を支えている骨まで溶かしてしまうのです。それによって、虫歯でない歯でもだんだんゆ…

審美歯科は、一般的な保険治療では行えない審美性(美しさ)を提供する治療です

一般的な保険治療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をします。保険治療での目的は「機能の回復」という視点の治療であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません…

あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎もとても大切です。 症例は、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されたりする病気です。 歯周病は限度を越えてひどくなるとど…

審美歯科とは、虫歯や歯周病などの一般的な歯科の施術を行うことが目的ではなく、口元の美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療のことを指します

白く美しい歯にするホワイトニング、被せ物や詰め物を白いものにする、歯並びを矯正する、失った歯の部分にインプラントを入れるなど治療の種類は様々です。そして、審美歯科治療の施術は、単純に見た目を美しくするためだけではなく、歯や歯茎の状態やかみ…

歯周病とは、文字とおり歯の周りの組織が侵される病気のことです

以前は歯周病のことを歯槽膿漏と呼んでいました。症状としては歯肉から出血したり、歯がグラグラするという病気ですが、一口に歯周病といってもプラークコントロール(お口の清掃状態)が悪いだけの初期段階の方から、歯肉からの出血や骨吸収が進行して歯を…

30代の約8割が歯周病に。知らず知らずに症状が進行

歯周病の有病率について年代別に見ると、30代から60代にかけての有病率が高く、30代の約8割に歯周組織に所見が見られます。年代が上がるに従って、症状が進行した人の割合が増加。対象となる歯を喪失していく70代ごろまで、その傾向は続きます。しかし歯周病…

歯に付着した歯垢を放っておくと、やがて石灰化して歯石になります

この歯石が歯と歯肉にすき間を作るのですが、これが歯周ポケットと呼ばれるもの。歯周ポケットに菌が入ると、炎症が歯肉の中へと進み、歯根や歯槽骨が破壊されてしまうのです。次のような症状を自覚される方は、歯周病の可能性があります。このような症状が…

歯周病とは歯の病気ではなく、歯の周りの歯周の組織の起こる病気(感染)の総称です

また最近では歯周病がさまざまな病気に関係していること分かってきています。糖尿病、心臓病などとも、非常に深い関係があることが分かっています。たとえば、最近の研究では、歯周病を患っている人は、 そうでない人の三倍の確率で心臓発作を起こすとも言わ…

歯周病は、歯を失う大きな原因のひとつです

歯周病とは、どんな病気 ほとんどの大人がかかっている歯周病 35歳~44歳の人ではおよそ85%、45歳~54歳では90%の人が、歯周病にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても、歯周病にかかっているといっても過言ではありません。(厚生…

透明感のある白い歯の輝きを取り戻すことができます

インレー(詰め物) インレーとは、虫歯を削り取った後の歯に埋める詰め物です。インレー(詰め物)には従来アマルガムや金属が使用されてきましたが、黒く目立ち、見た目にはよくありませんでした。セラミックを使用することにより、治療箇所が目立たず、非…

歯肉が腫れている、血が出る、歯がグラグラする、しみる、お口が臭う…。

歯を失う理由の4割は歯周病によるものと言われています。個人差はありますが、40歳を過ぎると徐々に歯周病が進行し、自覚症状がないために歯がぐらぐらしているという理由で歯科医院に駆け込まれても、抜歯するしかないケースも多くあります。 歯科材料 歯…

クラウン(かぶせ物)とインレー(詰め物)について

歯の型を取って製作した歯形を、キレイにしたい歯を削り、全体を覆うように被せる治療法がクラウン(かぶせ物)です。この治療には神経の治療をせずに行なう方法と、神経を除去した部分に薬剤を詰めて、土台(コア)を立ててかぶせる方法があります。一般歯科…

歯周炎は進行すると,支えがなくなることで歯がグラグラしだす

歯周病は,生活習慣病の1つに分類され,成人の80%以上が患っているといわれている歯の周りの組織の炎症性疾患です。軽度から重度までその病態は様々で,歯茎の腫れ・出血のみにとどまっているものを歯肉炎,炎症が波及し,歯を支えている骨を溶かしているも…

歯周病の治療は段階によって治療法が異なります

歯周病は、大切な歯を奪ってしまうだけでなく、全身疾患とも深い関わりがあることがわかってきました。歯周病菌が肺や血液を通じて全身をめぐり、さまざまなトラブルを引き起こすことがあるのです。病気の原因を探していたら、なんとそれが歯周病だった……と…

歯科先進国スウェーデンでは「予防歯科」が常識!

北欧の国スウェーデンが「予防歯科」の先進国であることは広く知られています。スウェーデンでは国家が積極的に「予防歯科」を推進しています。「予防歯科」という考えを国家的な歯科医療の方針とし、「予防歯科」のために歯科医院で診療を受けることを国民…

 歯周病とは歯垢に棲みつく歯周病菌が毒素を出すことによって発症します

進行すると徐々に歯を支えている骨や歯ぐきが溶かされ、悪化すると支えを失った歯は抜け落ちてしまいます。ですので、歯周病治療・予防の基本は歯周病菌の温床である歯垢を、毎日のブラッシングや定期的なメンテナンスでしっかりと取り除くことです。また歯…

歯周病をひきおこしたり悪化させる原因にもなっています

歯周病は歯槽膿漏とも、呼ばれている歯肉の病気で,成人のほとんどは歯周病にかかっているといっても過言ではありません。歯を失う原因はムシ歯よりも多いと言われ,知らないうちに歯ぐきの骨がなくなる病気です。 歯科材料 磨き残しなどによる歯垢(プラーク…

歯周病は予防とメンテナンスが大事です

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性の疾患です。歯みがきがうまくできていないと、歯と歯茎の隙間に細菌が溜まってプラークとなります。これが炎症の引き金となるのです。このことから歯周病の主な原因はプラークといえます。したがって、正…

歯周病は治療しても元には戻らない

歯ぐきの病気である歯周病は、歯肉が炎症を起こして腫れる歯肉炎と、歯肉の下の歯を支える組織まで破壊されている歯周病との二つに分かれます。歯を支える主な組織は、歯を取り囲む骨(歯槽骨)と、その骨と歯をハンモックのようにつなぐ線維組織から成り立…

あなたの「歯」のむし歯・歯周病危険度をチェック

歯周病とは虫歯のように歯そのものに起こる病気ではなく、その周りで支える歯ぐきや骨に起こる病気で、歯を失ってしまう1番の原因とされています。歯の周りに付く汚れである歯垢(プラーク)の中にいる細菌が、歯と歯ぐきの境い目(歯周ポケット)から侵入し、毒…

歯周病は、歯周組織が歯垢に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、引き起こされる炎症性疾患です

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします。 http://kiki.jimab.net/ 歯周病と同じ意味で「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という言葉もあり…

歯周病は、適切な治療を行わず放置してしまうと、やがて歯を失う病気です

歯周病は、細菌により感染症で、日本人の80%が罹患しているともいわれている国民病です。最近は、テレビ番組などでも歯周病の重大さが周知されるようになりました。歯周病が歯ぐきと歯の間の歯周ポケットで繁殖すると、歯ぐきの状態が悪くなったり、歯を支え…

「審美歯科とホワイトニングでは何が違うのですか?」

というご質問をよく患者様から受けます。「歯を白く綺麗にする」ことは同じなのですが、その「やり方」が異なります。 審美歯科治療とは、つめ物・かぶせ物を用いて「歯の色」「歯の形」「歯並び」をより美しくするための治療です。ホワイトニングと異なり、…

虫歯や歯周病予防にも大切な歯並び

矯正治療は、不自然な位置にある歯や顎の骨を整えて、美しい歯並びと機能的な噛み合わせ、バランスのとれた口元をつくり出す歯科治療です。以下のような症状のある方を対象に矯正治療を行っております。 叢生(そうせい・顎のスペースが足りない等で歯並びが…